大分 市議 選。 「風当たり強かった」自民現職3人落選 大分市議選(毎日新聞)

🐲 大分県の社民の評価、底力が問われる戦いです」。 僕は護憲派が税金で侵害できる表現・思想・言論の自由に抗い、ドイツ文学最高峰「魔の山」にちなみ「守江の山」という亜鉛と夜の営みに関する物語を書くことに専念させていただきます。

1

👏 もちろん「マッキー議員」や「覆面議員」や「ミスタートリニート議員」と呼べる大分市議会も。 大分市で稼ぎたい方は市議会議員がおすすめ! 「ローカルタレントが調子に乗んなよ」なんておっしゃられる方もいらっしゃるでしょうが、「うるせー」って返してあげましょう。

5

✔ 新型コロナ対策としてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)なども使って選挙戦を展開したが票が伸びなかった。 選挙に出馬となると、公平性の観点からマスメディアから淘汰されることになりますので、OBSの番組を降板したマッキー。

11

🐲 19年参院選比例区での大分市の得票数は、自民に次いで第2位。

14

😙 牧たかひろさんは大分市議会選への出馬を明言していないようですが、まず照準はこちらになるでしょう。

2

😚。 この前なんて、妻ちゃんと訪れた守江湾の牡蠣小屋の裏に積まれた殻の山を見て「ナチスが築いた山を思い出す」と発言しました。 「キタノブルーの発光」が市議会との意見交換よりも後になりますので、時系列から見れば仕方がありませんが、このふざけた民主主義の精算を愚鈍な大分市議会は行っていません。

14

👀 県内党員の半数ほどが在籍する大分市については、大半を市議選後に確認するという。 国民主権の観点から大分市は、高松大樹議員で大きな失敗をしました。

20