鳥 坂 バッティング センター。 #36 坂の途中のバッティングセンター │ バッセン旅

🤐 「野球人的ドグマ」という私が作った抽象的概念をキャラクター化するとあの日曜日のハリさんになるのだ。 その道の先の険しい傾斜や困難な壁などを見つめ、できるだけ先へ踏破してまだ見ぬ景色を見ようとしてるんではなかろうか。

☯ 目に見えて燃えなくても、中でくすぶっていても、馬鹿なら勝手にのぼっていく。

14

👆 関連する記事• くじけながらあがき続ける。

16

😃 だが、しかし、それだけの事なのだ。 帰りのバス停を探してるといきなりものすごいデカい大仏さん(仙台大観音)を発見した。 でも、お前ら「空気」を読んで「世間」に安住する賢い「大衆」様達は、そんなに真面目じゃないだろ? 「休憩所」「整備所」「ピット」のようなそういう感覚でバッティングセンターに行く。

4

👏 出来るだけ気高く、出来るだけ愉快に、出来るだけうかつに、そこそこの後悔を残して、ゲームセットを迎えたいと願っている。 こちらに200円入れると、自動で50球ボールが出ます。 07 私は縁あってニュータウンと名の付く地域に住む事が長かった。

8

📲 駐車場のすぐ上に普通の民家のような建物がありますが、この奥が受付になっています。

18

☏ 全国各地のバッティングセンターに通う人々の、 ・明日の試合で活躍するため ・レギュラーを勝ち取るため ・将来プロ野球選手になるため などの様々な野球人の思いを、全国各地で応援するバッティングセンター。 調べようもないので私が行っ[…]• テニスや卓球もできる、たのしいバッティングセンターでした。

9

🤛 私は人生の節目節目や、しんどい時、独りになりたい時や思い詰めた時、などに度々バッティングセンターを安息の場所としていた。

🤚 野球経験など関係ない。 ま、そんな人生の中でイージーモードの下り坂に感じて力を込めなくても加速していく瞬間なんかもある。 私は別に人生を坂道になぞらえて、全力を注ごうとしている訳ではない。

14