鹿児島 浜 節。 鹿児島浜節

🌭 中に「追分」があり、父親が江差出身の漁師であったという愛八が、 七七七五の二六文字を七声七節で唄い、お座敷唄の余情を漂わせて唄っている。 相模木流し唄 神奈川 三八四• 五木の子守唄 熊本 六二二• 牛深漁港は天然の良港で、現在も巻き網、刺 し網、はえ縄による鰯 いわし 、鯵 あじ 、鯖 「さば の漁獲と真珠の養殖が 盛んである。 柏崎おけさ 新潟 四一五• 鹿児島湾の西海岸沿い(吹上浜など)の情景を唄った船子唄で、のちに御座敷唄として全国的に広まった。

15

🤑 - Kotobank(デジタル大辞泉) 2011年9月23日閲覧。 民謡上達法 その 2) 六二一• 祝い目出度 福岡 五九九• 桑名の殿様 三專 五〇一• 秋田節 秋田 一九八• 鹿角そんでこ節 秋田 二ー三• 群馬県の民謡 三二四• その当選歌詞を小野金次郎が標準語風に改稿し、小沢直与 志が作曲。 甲州盆唄 山梨 市川文珠 三九四• 新相馬節 福島 二七一• 広島県の民謡 五五七• 「ハイヤ節」は日本全国 の港に分布する。

10

👇 石狩川流れ節 北海道 二五• 昭和35 1960 年、NHKのど自慢全国コンクールに、同地の池口盛男がこの唄で出場。 同系統の唄に「法 界節」や「梅が枝」などがある。 石川県の民謡 四五ニ• 宇治の茶摘唄 京都 五〇七• 畔打ち唄 宮城 一五四• 山下はこのときのメンバーの一人。

12

👈 文政 1819-30 年間、長崎に入ってきた清 国音楽は、京都、大阪を中心にして「九連環 きゅうれんかん 」を流行させた。

15

👍 秋田荷方節 秋田 二七五• 宇目の唄喧嘩 大分 六四二• 江戸時代、日田は天領であったため、中央 との往来もあって、風俗習慣も影響を受けた。 加賀はいや節 石川 四六一• 小室節 長野 四〇八• 男なら 山ロ 五六九• 曲名は歌詞から。

15

😜 朝花節の歌い方には一定の決まりはなく, 歌詞 ( かし )のパターンもさまざまです。 岩手節 岩手 二四• 烏山紙すき唄 栃杢 三二三• おこさ節 秋田 一八〇• じゃがいもの唄 北海道 五五• 薩摩に入って、独自の撥さばきとなり、賑やかな騒ぎ唄とな った。