イップマン シリーズ。 遂に完結!ドニー・イェン主演の『イップ・マン』シリーズを紹介!香港の傑作カンフー映画 (2/4)

🤔 この賭け闇試合の黒幕である、アメリカ人役。 第4回北京国際映画祭に出席したアメリカの映画監督は取材に対し「中国映画の代表はもうカンフー映画であるべきでない」と言いながらも、実は最も好きな映画としてこの『イップ・マン 序章』を挙げている。

💖 を中心に伝承されていた武術を主とする。 レビュー イップ・マンは相変わらず無敵です。

13

😚 ドニー・イェンは以前から総合格闘技的な動きを取り入れるなど、斬新なアクションに挑戦を続けてきた人物。

14

🌏 1、2作目ではドニー・イェンが、3作目ではデニス・トーがイップ・マンを演じています。 それを自分は一人の俳優として後世に受け継ぎたい。 幼いイップ・マンは父のもとを離れ、義兄のティンチーと共に詠春拳武館で修行を始める。

😛 形意拳の女性師範だけがそこそこの抵抗して熱かった。

🤚 日本で発売された『イップ・マン 序章』『』のブルーレイ ツインパック に収録された特典映像インタビューによると、主演のドニー・イェンはこの役を演じるため、少しでも本人の姿に似せようと10キロの減量を敢行。

9

💔 イップ・マン 序章(2008) イップ・マン 序章 葉問 公開日:2008年12月12日 再生時間:108分 あらすじ 1930年代の中国広東省佛山。 ストーリーも中途半端で、悪役のスケールも小さいです。 今、物語の完結と共に、伝説が生まれる。

2

👎 映画『イップマン』シリーズは、時代背景も細かく描かれた深みのあるストーリーに加え、最先端のカンフーアクションが見どころとなっています。 気になった方は、ぜひチェックされてみて下さい。

3

💙 こうした真摯かつサービス精神旺盛な姿勢が、本作が世界で愛されるシリーズとなった理由であろう。 音楽は、シリーズ全作品を手掛け、心に残るあのテーマ曲を生み出した川井憲次。