アドブルー ガソリン スタンド。 最近のディーゼル車に必要な「アドブルー」について知っておきたい知識

🖕 AdBlueRの主成分は尿素。 なので、アドブルーはDIYでの補充がおすすめです。

17

☢ 〔目次〕 1 アドブルー(AdBlue)とは? アドブルー(AdBlue)とは、クリーンディーゼルエンジンの尿素SCRシステム触媒として用いられる高品位尿素水の事です。 構成元素は炭素、酸素、窒素、水素などですが、要はこれらの元素が、NOxと化合することで窒素と水に分解してしまうのです。 新型ハイエースを購入検討されている方からこの尿素水の補充が邪魔くさいのではないか、という話をちらほら聞きますが、実際に筆者のハイエースでアドブルーを交換しましたのでレポートいたします。

15

😭 AdBlueRは、無害で安全な製品のため、取扱いに特別な資格も必要ありません。 このメッセージは段階的に変化します。 ちなみに アドブルーを補給せずに使い続けても良いじゃん! と思った人もいる? いやーソレがダメなんです!タンクのアドブルーなくなっちゃうとエンジンが止まるように成っています。

14

⚔ この尿素や水ですが、不純物や異物が混じっていると浄化作用が低下するほか、噴射装置や触媒を痛めてしまうことになります。 だが、補給 給水 の手間と 購入原価は、経営者にとっても また乗務員 ドライバーさん にとっても 気になる上に、若干痛いところではある。

10

☣ 数年前に勃発したフォルクスワーゲンを代表とした 排ガス不正問題。 尿素自体は、ハンドクリームなどに使われ保湿効果があるなど、有害性はなく、むしろスキンケアなどの化粧品や医薬品に用いられています。

☣ ですから、 筆者はこちらに移し替えて入れてみました。 アドブルーは人体には無害の尿素が主成分ですが、 万が一手や足などにかかってしまった場合は、念のため多量の水で洗い流してください。

13

😋 ディーラーなどで12カ月点検などを受ける際に、合わせて補充してもらうのが良いかもしれません。 プラドのアドブルータンクは12リッターですのでディーラーで空から満タンに入れると3600円くらいですね。

16