愛知 県 知事 リコール 問題。 愛知県知事リコール問題 “偽造署名”運動事務局の指示か 高須院長「ビックリした」― スポニチ Sponichi Annex 社会

⚐ また、その際に何らかの方法で不正に取得した(氏名・住所・生年月日などの)個人情報そのものが明るみに出る可能性もあることからも、自分の氏名が不正署名に使われたかどうかを確認したい方も多いのではないのでしょうか。

6

😔 県選管は同日、臨時の会議を開き、「大量の署名偽造行為が行われていたとすれば民主主義の根幹を揺るがすことにつながりかねず、看過できない」と告発することを決めた。

12

⚐ 高須克弥氏 ジャーナリストの門田隆将氏(62)が12日、ツイッターを更新。 佐賀市内の貸し会議室で作業が行われていたという。 その他、細かい問題点を指摘したらキリがないですし、表現の不自由展支持派から指摘される問題点もありますが、それらのほとんどは最初に指摘した本質的問題点で吸収される話なので論じません。

18

👌 誰がどうやって行ったのか、組織的に行われたとしたら指示したのは誰なのか。 コロナ対策そっちのけで他の地方自治体の首長のリコール運動に公然と支持を表明するだけでもどうかと思うが、しかし、維新の不正リコールの責任はそんなレベルの話ではない。

3

✇ 運動を主導した美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は16日、「どんな団体がやったのか知らないが、私たちの運動とは違う」と答えた。 団体代表としてリコール運動を主導してきた高須クリニックの高須克弥院長と名古屋市の河村たかし市長、この2人に重大な責任があることは言うまでもないが、もうひとつ忘れてはならないのは、維新の責任だろう。 自己の氏名住所が不正利用されていないかどうかは、ここまで述べたように自己情報開示請求で明らかにすることができますから、不安な方は自らお住まいの自治体の役所・役場にて、当該署名の自己情報開示請求を申し立ててみてはいかがでしょうか。

📞 他方で表現の不自由展の問題作品に反対する人たちの中にも、「 公金支出の問題である」という切り口から説明する人がいました。 その上で「公金を支出する事業としてふさわしいか」を論じるのが筋として良さそうです。

☺ 誰でも自分の裁量の範囲であれば、自分に決定権があり、他人がその者の意思に反する事柄を強制することはできない。

8