じゃがいも の 植え 方。 ジャガイモ(じゃがいも)の育て方・栽培方法【春植え・秋植え】

✔ 写真のようなペーハーメーターを使ってペーハー値を測定して適正な土壌酸度を確保しましょう。 取りきれないときは食べないほうがよいでしょう。 じゃがいもは、 湿気があると腐ってしまいますので、乾燥している畑以外は水は掛けません。

15

☎ ジャガイモは袋にいれたまま暖かい場所で保管しておくと、もやしの様な芽が伸びて植え付けに支障をきたします。 ジャガイモは霜がおりるような寒さは苦手です。 疫病 土壌中に生息するカビが原因で、泥はねなどで感染し、葉、茎に発生して株を枯らします。

🤩 土寄せの際は、クワなどでジャガイモの根を傷つけないように注意します。

😘 この時期、少し暖かいですが、注意したいのが霜です。

17

😍 変色すると品質劣化の原因になるので注意しましょう。

7

💖 生理障害 収穫したジャガイモが、変形や変色していることがあります。 直射日光でなくてもコンテナや紙袋に入れて屋外に2~3日置いても大丈夫です。

14

😈 どの作業も簡単ですが、時期を逸すると収穫に悪影響が出ます。

4

🤪 畑 通常は石灰を入れて土の酸度調整をしますが、ジャガイモは酸性の土が好きな野菜なので、ジャガイモを育てる土には石灰を入れないようにします。 イモがたくさんつき、大きく育つので、株間をしっかりととっておきましょう。

15