自立 支援 医療 制度。 横浜市自立支援医療(精神通院医療) 横浜市

⚐ (区市町村によって、担当する課の名称は異なりますが障害福祉課、保健福祉課が担当する場合が多いようです。 区市町村の窓口に自立支援医療費受給の申請が認められると「自立支援医療受給者証」が交付されます。

17

☘ 精神疾患の治療のうち自立支援医療受給者証(精神通院)に記載された指定自立支援医療機関で自立支援医療による助成を受けた際の自己負担額の全額(原則医療費の10%)を助成します。 捺印が必要となるため、 シャチハタ以外の印鑑を持っていきましょう。

4

👍 塗り薬• 更生医療は、 身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者で、その障害者を除去・軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できるものに対して提供される、更生のために必要な自立支援医療費の支給を行うものです。 同じ健康保険に加入されている世帯員の個人番号は、同意書兼世帯状況申出書に記入してください。

20

💢 ) 大阪市では自立支援医療(精神通院医療)にかかる医療費の適切な支払いのため、精神障がいの治療に直接的な関連が認められない医療を自立支援医療(精神通院医療)の対象外として、レセプトの再審査請求を行っております。 負担を軽減する仕組みは・・ 1 原則は定率10%負担ですが、医療保険の自己負担限度額によって負担が増え過ぎることにはならず、さらに、 所得の低い方には月当たりの負担額に上限 を設定 します。

😝 今は単発のバイトと、今まで自分で貯めて来た貯金を切り崩して生活しております為、 お金があまりありません。

3

☏ 基本的には処方した医師が自立支援医療の適用かどうか判断します。 代理人の身元確認ができるもの 代理人のマイナンバーカード、運転免許証などです。

😩 世帯所得状況 自己負担 割合 上限月額 生活保護受給世帯 0円 0円 市町村民税非課税世帯であり受給者の収入が80万円以下の場合 1割 2,500円 市町村民税非課税世帯であり受給者の収入が80万円以上の場合 1割 5,000円 市町村民税235,000円未満 1割 医療保険の自己負担限度額が上限 市町村民税235,000円以上 医療保険の負担割合が適用。 うつ病などの精神疾患の場合、治療が長期間となることがあります。

5

📲 解説してきたように自立支援医療とは病院又は診療所に入院することなく行われる精神医療にかかる医療費の自己負担を軽減してくれる公費負担医療制度です。

19

😈 )を継続的に要すると診断された者として、認定を受けた者 ・ 情動及び行動の障害 ・ 不安及び不穏状態 更生・育成医療 : 腎臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害 ・ 疾病等に関わらず、高額な費用負担が継続することから対象となる者 精神・更生・育成 : 医療保険の多数該当の者 3 育成医療については、 対象者に若い世帯が多いことなどを踏まえ、 月当たりの負担額に特別な上限を設定する激変緩和の経過措置 を講じます。 その後パニック障害が「自立支援医療制度」を受けられる対象だと知りました。

3