ローズ マリー の 赤ちゃん。 ローズマリーの赤ちゃん : 作品情報

🤞 1968年製作/136分/アメリカ 原題:Rosemary's Baby 配給:マーメイドフィルム 日本初公開:1969年1月11日 スタッフ・キャスト ジョン・カサヴェテスを演出するロマン・ポランスキーって魅力的な二人、異彩を放つのは「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」や「マイ・ボディガード」でブッ飛んだ婆さんを演じたルース・ゴードンが、お節介で嫌ぁな存在感をコミカルにオスカー受賞も納得。 製作総指揮ロバート・エヴァンス• 「サイン」での宇宙人登場も私的には好きなのですが、遊び心を怖いながらも感じるのがいいのかもしれません。 夫婦はテレサ・ジオノフリオという若い黒人女性と養女にしています。

6

👎 一人で立ち向かうには恐ろしすぎる敵です。

🖐 解説 ポーランド出身の鬼才ロマン・ポランスキーがアイラ・レビンの同名小説を映画化したオカルトホラーの先駆的作品。

☕ 若い女性ローズマリー・ウッドハウスは、夫・ガイと共に新居を探していました。

⚡ そのアパートは以前から不吉な噂がささやかれていたが、若い2人は気に留めることもない。

18

😍 やがて妻のローズマリーは身篭もり、隣人の奇妙な心遣いに感謝しながらも、妊娠期特有の情緒不安定に陥っていく。 DVDではどうなっているのでしょうか? 赤ん坊の顔がしっかり映っている放映をご覧になられた方はいらっしゃいますでしょうか? 勘違いじゃないですよー。

4

📞 わざと見せないことも、心理的な恐怖を煽ります。 序盤のボブカットから、ベリーショートに変身! 夫ドン引き。 そして、ミニーの煎じる薬を飲むようにと。

12

👋 テレサの死を機にカスタベット夫婦と家族ぐるみの付き合いをするようになります。 隣人は果たして本当に悪魔崇拝者なのか? それともただのローズマリーの妄想なのか? 衝撃のラストは必見です! また、ローズマリーのくるくるとかわる多彩なファッションも見どころで、 ストーリーよりもファッション目当てでみる人もいるそう。

7

🤜 監督はロマン・ポランスキーで、主演はミア・ファローが務めています。 撮影ウィリアム・A・フレイカー• ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 導入部分から怖いですね~ 王道をいくストーリーの中に、ちょっとした不気味さが沢山盛り込まれれてて、嫌な感じが持続します。

8