ワンピース ラフテル と は。 【ワンピース】ラフテル(Laugh Tale)笑い話の謎

🙃 ビッグマムを倒した後に、3つ目のポーネグリフの存在が詳しく明かされるでしょう。

🤜 しかし、「空白の100年」についてその内容はほとんど明かされておらず、このサイトでは以下のように考察しています。

7

😜 ちなみに、ポーネグリフを作る技術をもっていたのは、ワノ国の光月家だと判明しており、歌詞に出てくる「輪をかく鳥」というのは、彼らの家紋を連想させます。 そして、「到達方法が限られていること」「海軍本部の立地」「政府のシンボル」などの伏線から、ロードポーネグリフが示すのはマリージョアなのではないかと予想します。

5

🤭 そしてもう1ヶ所、そのちょうど裏側にも十字に結んだ中心点ができますよね? 地球で言えば日本とブラジルの関係みたいなもんです。 」 ワンピース96巻967話 ロジャーはいくつかの「リオ・ポーネグリフ(真の歴史の本文)」の情報を持っていましたが、 「世界の全て」を知ったのはラフテルに到着した 「あの日」であるということになります。

8

⌚ しかし、実は これは誤りであることが判明したのです! スポンサードリンク 【ワンピース】ラフテルの英語の綴りは笑い話? ラフテルはLaugh Tale、つまり笑い話から名前を取った。

9

😘 尾田 栄一郎「ONE PIECE」31巻292話/集英社 ワノ国編ではさらにロジャーの冒険について光月おでんが書いた 「航海日誌」が登場し、ノーランドの「航海日誌」と対応しています。

14

💙 ラフテルにたどり着いた人物 ワノ国編で光月おでんの回想とかあるんだろなー — まぁええか。 やはりラフテルにはログをたどるのではなく、ロードポーネグリフの四点から判明する地点に進む、という方法でしか行けないのだと考えられます。

15

⚐ ラフテルはグランドラインの最後の島であり、そこにはワンピースがあることから、たくさんの海賊が目標として冒険しています。

13