ある日お姫様になってしまった件について 102話。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」63話|最新話ネタバレと感想

🙂 「まだショックを受けているのか。 そのため、自分も嫌われたのではないかと思いなかなか出せずにいました。

🍀 さすがルーカス、頼りになります。 』 そう言い,キラキラの笑顔をアタナシアに向けるイゼキエル。 アタナシアの事は信じたい。

🚒 そんなもの頼んだ覚えが無い…とフィリックスは言いますが、ティーカップの下に手紙が置かれているのに気づきました。 「ジェニットの本当の父親は前皇帝なんだよね」 「ああ」 「頻繁に皇宮に来ていたのは知ってた?」 「ああ」 「ジェニットは…私を本当の姉妹だと思ってるの。

8

👇 それはリペ茶で、久々の花の香りに彼女は微笑む。 ジェニットは状況を把握し、口裏を合わせましたが、アーティと自分二人だけの秘密だったのに、イゼキエルとも共有することとなり、不満そうな様子です。 「それに…パパには二度も自分の家族を殺して欲しくない」 切なそうに瞳を伏せて呟くアタナシア。

13

🤐 (ジェニットに愛情を抱いていたかは分からないが、愛情という感情を持っていても「ダイアナを忘れたい」という黒魔法は解かれていないし、感情は消えたままでジェニットに愛情すら持ち合わせていなかった可能性もある) 「現在」では、アタナシアと接する内に外見だけでなく性格までもダイアナに似たアタナシアから、ダイアナの記憶を少しずつ取り戻していった。

10

🤞 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに. 以前のようにです。 しかし、皇帝のところへ向かうと、そこには皇帝とお茶をしているジェニットの姿があります。 心の余裕がなくてすぐ連絡できませんでしたね。

7

🤲 すると今度ははじけることなくふわりと本が浮いたのでした。 ルーカスがクロードの状態を整えてくれたので、よく眠れたように見える。