前立腺 癌 治療。 前立腺がん|がんに関する情報|がん研有明病院

⚓ 現在、推奨されているのは、もともと前立腺が存在した部位に対する放射線療法です。 限局癌に加え、一部の局所浸潤癌も適応がありますが、限られた施設で行われています。

9

👣 それぞれの患者さんの状態に合わせて医師が選択することになります。 放射線は1年ほどでほぼなくなります。 低リスクでは一貫して治療成績が良好とされています。

10

⚐ これらのことから、放射線治療では前立腺のがんがあるところのみに放射線治療を行うというよりは、前立腺の全体に治療を行うのが一般的です。

20

♨ ただし、精液の量は減少します。 また、手術後に尿失禁が認められることもまれではありません。

⚡ 晩期の副作用は排便時の出血や血尿などがあります。 1.遠隔転移(骨、リンパ節等)の有無 2.前立腺局所癌浸潤の有無 3.PSA値 4.癌細胞の悪性度 5.生検癌陽性率 6.年齢 全身状態、合併症、社会背景 それぞれについて下記に説明いたしします。

12

😘 前立腺がん治療において、局所再発が見つかった患者さんに対する積極的な救済局所療法に関して、東京医科歯科大学では独自の取り組みを行っています。

20

😙 ただし、実際には再発部位を特定するのは困難であるため、標準治療は確立していないのが現状です。 一方、放射線治療の主な副作用は直腸障害でありますが、放射線治療のほうがQOLを高く保つことができるとされています。 直腸指診 古くから行なわれている診断法です。

😩 ホルモン治療 薬剤がなんであれ、男性ホルモン欠落症状として、ED、ホットフラッシュ ほてり:カッと熱くなり汗が出ること 、筋力低下、骨粗鬆症、メタボリック症候群、うつ状態などいろいろ見られます。 実際にPSA測定を用いた検査によりがんが発見されることは珍しくありません。

5