スペース ポート 紀伊。 日本初の民間ロケット発射場、なぜ本州最南端に:日経ビジネス電子版

😈 20年代半ばに年間20回の打ち上げが計画されている。 南紀の新たな観光素材に 和歌山県串本町で2021年夏の完成を目指して進められている国内初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」。

12

💕 町活性化へ期待、経済効果670億円と試算 一方、発射場の建設で地元も活気づいている。 年度は、4月から翌年の3月までのことですので令和4年の打ち上げになるかもしれません。 町内で建設が進んでいるロケット発射場に関する住民アンケートなども予定しており、来年度の発射に向け、機運を醸成していく考えだ。

6

🎇 見学の想定人数は2万人で、想定自動車台数は8千台だが、対策を講じない場合は国道42号で大きな渋滞につながることが懸念される一方、地元への経済波及効果から事前予約制・有料の公式見学場の用意や近隣宿泊施設などからのパークアンドライドでバスによる見学場までの移動を考えている。 その後、宇宙活動法に基づく政府の認定を頂ければ、我が国で初の民間によるロケット発射場誕生となります。 信頼性、即応性、柔軟性、低コストを実現させ、2021年度中の打ち上げに向け、宇宙ビジネスのさらなる拡大に貢献してほしい」と話しました。

10

☎ こうした条件を満たす場所であり、かつ和歌山県などの地元が協力的だったことから、串本町に決まった。

15

✋ 串本町の田嶋勝正町長は「串本だけでなく、紀南や和歌山の夢を乗せている。 月の周回軌道を回る衛星に日本は参加することを表明しています。

💕 年間20回の打ち上げを目標にしている。 スペースワンは現在、JAXAの小型ロケット「イプシロン」の製造に携わった会社の協力を得て、高さ約18メートル、重量約23トンの小型ロケットを開発中。

♨ 町内の田原地区で発射場「スペースポート紀伊」の建設が行われている。 その理由を考えましょう。 子どもたちが、将来地元のロケット関連施設で働くようになるかもしれない」と人口減が続く町の活性化に向けて夢を描いている。

4

💙 串本町に行ったので調べてみたところ、その場所と名称が新聞に載っていました。 シンボルマークやロゴの制作、ガイドツアーの企画、ロケット模型やパンフレットの製作なども盛り込んでいる。

4