セルフ メディ ケーション 税制 医療 費 控除。 セルフメディケーション税制の確定申告に落とし穴

😇 上記の「一定の取組み」とは、法律や法令で定め行われている特定健康診査・予防接種・定期健康診査・健康診査・がん検診のことで、これらのうちいずれかを受けていれば対象となります。 医療費控除の特例として2017年1月1日からスタートした制度です。

3

🤜 医療費控除とセルフメディケーション税制のどちらを選択するのか 『医療費控除』は支払った医療費全てが対象ですが10万円を超えないと控除の対象となりません。 3つ目が重要で、自身で健康管理や病気の予防に取り組んでいることが証明できる人です。 よく超えた部分つまり『医療費控除』ならば10万円を超えた額、『セルフメディケーション税制』ならば1万2000円を超えた額がそのまま戻ってくると間違えておられる方もおられますが、正しくは『医療費控除額もしくはセルフメディケーションによる控除額』に『所得税率』をかけた額です。

19

😙 保育料に影響があるとなれば、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭は特に気になるのではないでしょうか。 セルフメディケーション税制は、対象品の購入額が条件をクリアしていても、申告する人が健康増進の取組の条件をクリアしていないと、控除を受けられないという仕組みになっています。

12

🤑 インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制で医療費控除対象に? 残念ながら、インフルエンザ予防接種はセルフメディケーション税制においても医療費控除の対象とはなりません。 税制が定着すると同時に、健診などをこまめに受ける人が増えて自分の健康を定期的に見直すいい機会にもなりそうです。 紙もしくは電子で、申請書を記入し、確定申告を行ってください。

😭 そこで 今回は、セルフメディケーションと医療費控除との違いや比較&どっちがお得なの?について詳しくご紹介します。 例1: 年間医療費が 150,000 円+うちセルフメディケーションの対象となる 医薬品を 150,000 円購入の場合 例2: 年間医療費が 140,000 円+セルフメディケーション税制の対象となる 医薬品を 70,000 円購入の場合 例3: 年間医療費が 170,000 円+うちセルフメディケーション税制の対象となる 医薬品を 50,000 円購入の場合 医療費控除の対象となるものは? セルフメディケーション税制の対象となるものは対象のスイッチOTC医薬品に限定されるのに対し、医療費控除の対象となるものは病院の窓口で支払う医療費や処方箋等の医薬品のほか、通院に係る公共の交通機関の交通費や通常の入院代に含まれる食事代等範囲が広くなります。

17

☺ 市区町村が健康増進事業として行う健康診査【生活保護受給者等を対象とする健康診査】• セルフメディケーション税制の対象はピンポイント、医療費控除は広いイメージです。 しかし1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えないと適用されないため、利用できる人が少ないという問題が指摘されてきました。

2

🙂 セルフメディケーション税制の重要なポイントは、 医療費控除制度と同時に利用することができないということです。 一方セルフメディケーションは スイッチOTC医薬品を購入した お金が対象になります。

5

🙌 どちらも家計を同一とする家族の分を合計することができます。

2

😀 どちらか片方のみ申告ができます。 任意接種の場合は全額自己負担であり、セルフメディケーション税制の取組の対象外となっております。 セルフメディケーション税制を使うには、国税庁が認めている健康診断等を受けておかないといけません。