100 万 回 の アイラブユー 歌詞。 Rake 100万回の「I love you」 歌詞&動画視聴

💖 そうじゃない人とは、割と昔から知ってるけどやっぱり距離が縮まらない、みたいな 笑。 自分の中でホントに気持ちいいテンポ感、気持ちいいギター、気持ちいいメロディというか。

📱 でも、バラードはバラードでグッと内側に入っていく部分も観せたいですね。 ファンキーな曲ではノレるし、みんなでコール&レスポンスも出来ちゃう。

😅 頭の中で鳴っている音と実際スピーカーから鳴る音を、いかに近づけていくか?っていうのが勝負だと思うんですけど、そういう意味では鳴らしたかった音が、ほとんどズレもなくスピーカーから鳴ってくれている感覚がすごくある。

8

🤫 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

19

🙏 「そうなんですよ。

13

⚔ 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 アイラブユー 作詞 朝光介 作曲 朝光介 唄 カサリンチュ スッキリ グッドモーニング目覚めた朝は ピッタリ くっついていたはずの君をまず探す ビックリ 布団はみ出してあんな所まで転がって しっくり キテる 今日がはじまる タンポポを吹き飛ばすように 君が笑いかけてくれるから どこまでも どこまでも行くよ 僕は風になるダンデライオン アイラブユー おはよう と おやすみが言えないときは アイラブユー 夜空にささやく ごめんね と ありがとう アイラブユー ドッキリ「ワッ! 家にあったアンティークのギターが音楽をはじめるきっかけとなり、野球に熱中した中学時代とハードロックバンドに賭けた高校時代を経て、大学時代に歌うことに目覚める。

🐾 ある種そういうライブの絵というか、アーティストの歌っている姿が直に見えるようにパッケージングするのは、特に今みたいになんでも作り込めちゃう時代には余計に難しかったりすると思うんですけど、そういう意味では僕としても素直な今の自分が出せたなぁって。

🙄 歌手:BURNOUT SYNDROMES 作詞:熊谷和海 作曲:熊谷和海 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその明日を照らし出せ ブレーカーの落ちたような暗闇で 君は 傷を見せないようにいつも怯えていた 愛されないように 愛さないように 愛想笑いしてきた 本当は寂しいのに さあ おはようを始めよう 燃えるようなキスをしよう 手探りの明日も二人なら愛せるさ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ 暗闇に放て それはいつか星になり 君の「闇」を「夜空」にする 怖がらないで さあ 愛の欠片に手を伸ばせ きらきらと光るそれはずっと待っている 君の掌の柔らかさを 待っている 氷点下 絶対零度 君がそっと閉めた 自己嫌悪のカーテンの隙間から目があった 人間の視線ってこんなにあったかいんだよ そうやって逃げたって凍えてゆくだけ 君の体温を知りたい この情熱を愛と呼ぼう 凍りついたカーテンをいっせーの「せ」で開けるよ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその憂鬱を焼き尽くせ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ 暗闇に放て それは退屈を焼き尽くし 「平熱」を「情熱」にする 100万回のアイ・ラヴ・ユーで いま 君が吐いたアイ・ヘイト・ミーを打ち砕く 僕は今日を生きていく 君の掌の温かさで僕の体温を確かめて 今日を生きていく 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ 100万回のアイ・ラヴ・ユーでその胸に火を灯せ いつも一歩踏み出せぬ両足に 掴み損ねてきた両手に 昨日ばかり映す瞳に ただ黙々と脈を打つ胸に 100万回のアイ・ラヴ・ユーで火を灯せ. オフィシャルホームページ記載の注事事項をご確認の上ご参加ください。 「愛してる」の言葉じゃ 足りないくらいに君が好き 「愛してる」の言葉を 100万回君に送ろう いつもどこにいたって 気にしてるのは一つだけ 君は笑ってますか それともちょっぴりブルー きっとみんな抱いてる それぞれの特別を 僕にとって紛れもなく それは君だから 「愛してる」の言葉じゃ 足りないくらいに君が好き 今すぐ君に会いに行こう この青い空を飛び越えて Baby I love you 改札の向こう側 人ごみに消えてゆく 後ろ姿 目で追った 離れたくなくて 他には何もいらない 本気でそう言えるほど 僕の中にはいつだって 君がいるんだよ I love you I love you I love you La La La La La La. どれほど時が経ったって 関係ないよ君が好き どんな台詞並べても 伝えきれないこの想い 「愛してる」の言葉じゃ 足りないくらいに君が好き 「愛してる」の言葉を 100万回君に送ろう Baby I love you La La La La La La. 「アルバムとしてはより自然体な、ギターを弾いて歌っているRakeがしっかりと見えるようなサウンドになったんじゃないかなと思っていて。 ステージに上がっても、心の底から音楽を楽しめてない自分っていうのも間違いなくあって。

9