イレウス 管 看護。 11

☏ イレウス管挿入後、挿入位置の確認、必要に応じたカテーテルの確実な固定が行えたか 注意点• また、患者さんの口腔内の乾燥状況や、口渇のチェックなども行いましょう。 抜去する際も、再度胃内の空気を可能な限り吸収します。 特に大腸癌によるイレウスの診断に有効である。

7

🙃 絞扼性イレウスの治療 結腸軸捻症や腸重積症では注腸造影もしくは大腸内視鏡で整復されることがあるが、絞扼性イレウスでは血行障害を伴うことが多く、 手術時期を逸しないことが肝要である。 そのため、術後は一時的に腸管麻痺の状態になります。

4

☕ 機能的イレウスに対しては、腸管麻痺を生じている原因を取り除くほかに、蠕動亢進薬や蠕動抑制薬を投与する治療法もあります。 脱水症状の観察 イレウスは、腸管の吸収障害やイレウス管による腸内容物の排泄により、脱水を起こしやすい。

16

👌 そのため何度も挿入しなければならない状況にならないよう、看護師は 管が正しい位置に正しい長さで挿入されているかをたびたびチェックしたり、 排液の量や性状を観察します。

4

😘 幽門輪は、チューブにある程度の硬さがないと通過できません。

14

😀 腸管運動が麻痺して生じる 麻痺性イレウス• 3)症状 症状 腸閉塞 腹部膨満感、腹痛、嘔気・嘔吐(典型的な症状)、排便の停止。

5