桂 あいり エロ マンガ。 [桂あいり] カラミざかり Vol.2

📱 126 views• 存在を知っていたということは おそらく、使っている場面も 想像していたに違いありません。

8

😛 カラミざかり2は、前作の翌日から始まります。

2

👍 うまく自分の気持ちを表現できない高成と 何を思っているのか 全く気持ちが読み取れない 男好きする容姿の、かわいらしい里帆。

3

👎 ふたりのやりとりを 見ていた高成と里帆は じっと無言のままなのですね。 しかも暗闇じゃなくて 真昼間なんだから、リアルによく見えちゃう。 普通の高校生がちょっとしたきっかけで性に目覚めていく過程、 思うように自分をコントロールできないもどかしさや セッ〇スにのめり込み別人と化してしまう彼女達、 物語は読者が思いもしない方向に展開行く様子が新鮮です。

9

✍ だけれども ボーっと突っ立って 無言のまま見続けているふたりも、 奇妙な感じですよね。

3

✇ 前作のカラミざかりの教室のシーンで初登場している。 そうはいっても貴史も初めてですから 初心者同志、男の責任はちょっと重いですね。 しつこくせがむ智乃につい… 好奇心旺盛な智乃は オ〇ホをなんとしても 実際に見たいと貴史に掛け合います。

1

👇 というか、高成という男は 自分の感情に心奪われ手一杯で 他の人間の行動や心の動きに無関心、反応しません。 誰も智乃の行為を 静止しようとしませんから その場の主導権を握り、 次の行動を起こすのは貴史です。

⚑ 危険行為に自ら身を投じる中から 生きている実感のようなものを感じています。 体育の時間いっぱい二人はセックスしどおし。

14