éĢ˜æš 感。 「éĢ˜æšæ„Ÿã€ã¨ã€Œæ˜‚揚感」ぎ意å‘ŗぎ違いとäŊŋい分け

📲 土下åē§ãŽãžãžåšŗčŦã‚ŠãŽåē—側。 ãƒĒã‚ĸãƒĢãĢå‡¸ã™ã‚‹ãŽã¯č‰¯ã„ãŒã€į›¸æ‰‹ãŽæ€’りや感情がおぎį¨‹åēĻぎもぎか判断するäē‹ã€‚

2

🐝 č˛ˇã„ã‚‚ãŽã‚’ã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã‚¤ãƒŠã‚¤ãƒŠã‚„å¯‚ã—ã•ã€ä¸åŽ‰æ„Ÿã‚’į´›ã‚‰ã‚ãã†ã¨ã™ã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

18

đŸ’ĸ éĢ˜æšæ„Ÿã‚’åž—ã‚‹â€ĸ ã‚ˇãƒŧãƒŗ2ãƒģã‚ŗãƒŗビニエãƒŗ゚゚トã‚ĸぎäē‹å‹™æ‰€ã‚‰ã—き場所でåē—å“Ąã¨ããŽã‚ĒãƒŧナãƒŧとæœŦį¤žį¤žå“Ąã‚‰ã—きäēēį‰ŠãŒåŠ åŽŗč€…å´ãĢ土下åē§ã‚’しãĻčŦįŊĒしãĻã„ã‚‹ã‚ˇãƒŧãƒŗ。 ī¸éĢ˜æšæ„Ÿã‚’å‘ŗわおう éĢ˜æšæ„Ÿã¨ã¯ã€æ°—分がéĢ˜ãžãŖãĻã„ã‚‹ã“ã¨ã€čˆˆåĨŽã—ãĻã„ã‚‹ã“ã¨ã‚’č¨€ã„ãžã™ã€‚ こういう場合ãĢは、į—…é™ĸを受č¨ēしãĻãĄã‚ƒã‚“ã¨ã—ãŸæ˛ģį™‚を受けãĒければæ˛ģすことができぞせん。

7

😈 ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ䞝存とは、ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢがãĒいとį”ŸããĻいけãĒいくらいお酒ãĢ䞝存しãĻしぞãŖãĻいるįŠļæ…‹ãŽã“ã¨ã‚’č¨€ã„ãžã™ã€‚ ãƒ‡ãƒĄãƒĒットâ€ĸ 全世į•ŒãŽãŠã“ã‚’čĻ‹ãĻもéŸŗæĨŊとダãƒŗ゚だけはåŋ…ずありぞす。 å­Ļæ ĄãŽæŽˆæĨ­ã¯åˆĨとしãĻ、į¤žäŧšäēēであれば、やろうと思わãĒければ゚ポãƒŧツはできぞせんぎでドãƒŧパミãƒŗはåŋ…ãšã¨č¨€ãŖãĻいいãģお分æŗŒã•ã‚Œã‚‹ã§ã—ょう。

20

🤲 ですから、万čƒŊãĢãĒれる手æŽĩがもしあれば、それãĢ䞝存しãĻいきたくãĒるぎはåŊ“たり前ぎことãĒぎです。 äģŠãžã•ãĢæ°—æŒãĄãŒæ˜‚ãļãŖãĻいãŖãĻいる、というåŋƒãŽéŽį¨‹ã‚’čĄ¨ã™ãŸã‚ãĢ「éĢ˜æšæ„Ÿã€ã‚’äŊŋãŖãĻいぞす。

8

⚑ ã‚Žãƒŗã‚Ŧムチェックやドットがもつ、æēるがãĒい愛らしさも加えãĻいる。

17

â˜ē 興åĨŽįŠļ態 æ°—æŒãĄãŒéĢ˜ãžã‚‹įŠļ態â€ĸ äŊ“がæĩŽãã‚ˆã†ãĒ感じがするということは重力ãĢ逆らãŖãĻいるということですよね。 一åēĻでもã‚ĸãƒŧテã‚Ŗ゚トぎナイブãĢ行ãŖたことぎあるäēēは、äēŒåēĻį›Žã¯įžåœ°ãĢčĄŒã‹ãĒくãĻもナイブとはおんãĒもぎかが頭ぎ中で再įžã§ããžã™ã€‚ そこでäŊ•ã‚‰ã‹ãŽãƒˆãƒŠãƒ–ãƒĢがあãŖたぎだろう。

10

☎ 気分をãƒĒフãƒŦãƒƒã‚ˇãƒĨさせるãĢは、į™ģåąąã¯æœ€éŠã§ã™ã€‚ æ„ŸæŸ“æ‹Ąå¤§ã‚’å—ã‘åœ¨åŽ…å‹¤å‹™ã‚‚å¤šã„ã€‚ しかも、゚トナイクをå‡ēすと、「ã‚Ģã‚ŗãƒŧãƒŗ」とãĒんともįˆŊåŋĢãĒéŸŗがéŸŋきぞすよね。

16