お ちく ぼ 姫 現代 語 訳。 現代語訳「玉水物語」(その二)|たま|note

🤟 また解決編に入ってからの記述ですが、女三宮以外の女には一切興味がなかったはずの権中納言が姫君に惹《ひ》かれたことに、違和感を抱いた人もいるかもしれません。 大納言殿に知らせたてまつらばや」といひかくれば、顔をうちまもりつつなごう鳴くも、心のなし、目のうちつけに、例の猫にはあらず、聞き知り顔にあはれなり。

🖕 名前を付けようとすると、さすがに中納言の思惑もあるだろうと遠慮なさって 「落窪(おちくぼ)の君と言え」とおっしゃるので、人々(=女房たち)もそのように呼ぶ。 東宮も、お若い心で、(明石の姫君のことを)たいそう格別にお思い申し上げていらっしゃる。

9

♨ *ちなみに、ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*. 30 藤 袴• これも仲よくなった始めのようである。

6

🤟 22 なり 断定の助動詞「なり」の終止形。 11 あはれに ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連用形。 36 柏 木• 20 げに 副詞。

⚡ むくつけげなるかは虫を興ずなると、世の人の聞かむも、いとあやし。

♻ 皇后は実母のように慕う尼君に姫君を託し、都から離れた音羽山で密かに養育してもらっていました。 6 おぼゆれ ヤ行下二段動詞「おぼゆ」の已然形。 ~』の部分の原文・現代語訳(意訳)を記しています。

10

🤙 何とかして思い直して、弓矢を取って戦おうとするのだが、手に力が入らなくなって萎えた気持ちになってしまう。 帝のお気持ちは宮中に帰ろうとは全く思えなかったのだが、そうと言っても、このまま夜を明かすことはできないので、嫌々ながらも帰っていった。 38 せず サ変動詞「す」の連用形+打消の助動詞「ず」の連用形。

2

😇 [原文] やうやう物思ひ知るままに、 世の中あはれに心憂きことをのみ思されければ、かくのみぞうち嘆く。 h 前の世にも、御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男皇子さへ生まれ給ひぬ。 少將は別れ際に「私のことを忘れないでください。