マイコプラズマ 肺炎 原因。 マイコプラズマ肺炎とは?原因や症状、治療法は?

😔 寒冷凝集反応は本疾患のほとんどで陽性に出るが、特異的なものではない。

8

💢 マイコプラズマ肺炎確定例では、大葉性肺炎像、肺胞性陰影、間質性陰影、これらの混在など、多様なパターンをとることが知られている。 もともと細胞壁を持たないので、「細胞壁を攻撃する作用」では意味がありません。 マクロライド系の抗生物質に対する耐性を持つマイコプラズマ肺炎には、代わりにテトラサイクリン系、もしくはニューキノロン系の抗生物質が投与されます。

12

📞 本来、肺炎の原因菌として、もっとも一般的なのは「肺炎レンサ球菌」です。

6

🤐 迅速診断(PCR法) 患者の喉をこすって採取した「咽頭(いんとう)ぬぐい液」を使い、マイコプラズマが検出されるかどうかを調べる方法です。 鼻やのどからの分泌物に触れることで感染します。

15

😅 薬が効かない耐性菌の増加は、抗菌薬 抗生物質 を服用する患者側の不適切な使い方にも一因があるといわれています。 この咳は風邪のように痰(たん)が多くからむわけではなく、乾いた咳であるのが特徴です。 以前、1984年、1988年とオリンピック開催の年に大流行したことから、「オリンピック熱」と呼ばれていましたが、最近はこの4年で流行というサイクルが崩れており、加えて2000年以降は大流行こそないものの、年々感染者を増やしていると言われていることから、一般的な感染症として認識することが大切と言えます。

12

😒 マイコプラズマ肺炎は一年中発症する恐れのある病気ですが、特に気温が下がる秋から冬にかけて感染者が増える傾向があり、日本各地で小流行を繰り返しています。 もし初期症状が同じで上記の条件にも当てはまるのであれば、医療機関を受診するようにしましょう。