昭恵 夫人 即位。 安倍昭恵夫人「即位礼正殿の儀」でのドレスに注目 白の膝丈...トレンドにも: J

🍀 だから、これほどの批判がおきてしまったのだ。 首相夫人なのですから、普通はスタイリストがつきますし、このような重要な式典では、事前に官邸の職員が準備を手伝うのが通例だからです。 ・皇后美智子さん ・憲仁親王妃久子さん うーん、、現在の振る舞いからは到底同じ学校の出身だとは思えないのですが…。

10

🤝 昭恵夫人は57歳ということで、ネットでは「アラ還なのだから、もう少し落ち着いたファッションをされたら?」という意見も。 とりわけ日本人は周囲の人々の好感度が高い装いを求める傾向にある。 ちなみに「即位の儀」の招待状には、ドレスコードは「饗宴の儀に準じる」と書いてあったらしい。

14

☮ これまでも行動で物議を醸したことはありましたが、それが服装でもあったということでしょうか」とパフォーマンス心理学の専門家、佐藤綾子・ハリウッド大学院大教授は戸惑い気味だった。 ひじの位置から、袖がラッパのように大きく開いた個性的なドレスに、真珠のネックレスと高めのヒールという出で立ち。

💅 ファッションコンサルタントでライターの石徹白未亜氏は次のように語る。 また、袖の形も特徴的で、肘のあたりまではタイトに絞られているが、そこから先は大きく膨らんだ、いわゆる釣鐘状のデザインだ。

🌭 10月22日、厳かに「即位礼正殿の儀」が行われましたね。 うーん、、素敵な笑顔です…。

🙏 物議を醸した、白いひざ丈のドレス 「即位礼正殿の儀」が、令和元年(2019年)10月22日、国の儀式として行われました。 同じデイドレスでも屋外と屋内では違いますし、 最も大事なことはデイドレスと書いてあったかどうかではなく「即位礼正殿の儀に準じていたのか」ということであり、ファーストレディーである昭恵さんの装いは儀に準じていたとは言い難い、それが答えなのです。 ヴァンサンカン風に言うならば「エレ女の勝負服」である。

17