アカデミー 賞 歴代。 日本アカデミー賞の歴代受賞者と受賞回数ランキングについて!

✇ ダラス・バイヤーズクラブ(クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォーラック)• その後、候補対象となるプロデューサーは1作品につき3名までに制限された。 「 ヒューゴの不思議な発明」• - アカデミー賞公式データベース (英語)• フェイ・ベインター(White Banners)• キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)• カタリーナ・サンディノ・モレノ(そして、ひと粒のひかり• 「 スピリット スタリオン・オブ・ザ・シマロン」• 倍賞千恵子さんと倍賞美津子さんは、姉妹で最優秀主演女優賞を受賞しています。 「 ブラック・クランズマン」 (公開:2019年3月22日)• 例えばなどの著名な国際映画祭で大賞を受賞した作品が、アカデミー賞ではノミネートされないことがある。

☢ クエンティン・タランティーノ(イングロリアス・バスターズ)• 立ち上げ時に創立メンバーとして呼ばれたというは 、「まず大賞を五社持ち回りでと言われガッカリした」と証言している。 議論はを参照してください。

10

😝 2009年2月24日. ラッセル・クロウ(ビューティフル・マインド)• 「風と共に去りぬ」(1940年)全編3時間42分という大長編映画。 「 ジョーカー」 (公開:2019年10月)• 1928年から1950年までにおいて、製作会社としては最多受賞(5回)かつ最多候補(38回)である。

😩 順位 作品名 受賞年 1 「」 第2次世界大戦下のモロッコを舞台にした傑作ロマンス。 スカーレット・ヨハンソン 「ジョジョ・ラビット」• ただこの年は各映画賞とも『』が主要部門を独占したため、主たる映画賞が終わった最後の開催でまた『幸福の黄色いハンカチ』の各賞独占で盛り上がらず 、映画賞と関係のないや、などの派手なショープログラムが途中に挟み込まれ 、そうした場に慣れてない映画人は面食らった。 ケイト・ブランシェット(あるスキャンダルの覚え書き)• 「 ボックストロール(原題)」• ウィノナ・ライダー(若草物語)• アメリカのように俳優のが確立していないためか 、忙しくて映画を観ないのか、自分たちで映画を育てていこうという意識がなさすぎた。

4

💖 美術賞• 以来、時間制限が導入されているが、のは4分以上、のは約5分と、感激のあまり制限を無視する人もいる。 第2回ではを受賞したが受賞会見で黒澤同様「アメリカのマネをした名が嫌い」と批判し 、さらに「撮影、録音、照明、効果、美術などの重要なパートを技術賞一つに押し込んでいる。

12

🖕 「 グローリー/明日への行進」• 意外にも最優秀主演男優賞・女優賞を受賞していない方々 私の個人的な感想をいえば、 男性でいえば、 堤真一さん、堺雅人さん、山田孝之さん 女性でいえば、 綾瀬はるかさん、新垣結衣さん、吉高由里子さん、 が最優秀主演賞を受賞したことがないのが意外でした。 のみ「作品賞」と「芸術作品賞」の2部門に分かれており 、それぞれ3本ずつ候補作が選ばれていた。

8