ベトナム 料理。 現地で絶対食べたいおすすめベトナム料理10選!

💓 Phoを注文するときに「フォー」とだけ言っても伝わりません。 ベトナム料理は地域によって違う? 日本でも、関西と関東で味付けが違うように、ベトナムも北部、中部、南部でベトナム料理の味付けが異なります。 食卓にあるちり紙は使用前にこれらを拭くためにも用いられる。

10

☭ どちらも甘酸っぱいタレにつけていただきます。

17

☯ ベトナムの箸は日本と違い長さがあり、27cm程度の木製の角箸が一般的である。

13

⚠ ピリ辛の甘酢ソースで食べるのがベトナムスタイルです。 爽やかなココナッツジュースの風味がエビの臭みを消し、甘味だけが残ります。 生春巻きの具にもなるほか、次のようにさまざまな具材やスープで食べられ、フォーよりも種類が豊富である。

15

🤛 是非トライしてみてください。 また多くの店でやバナナの蕾などの香草やを始めとした生野菜・ハーブ類が別皿で供され、自由に乗せて食べることができる。 酒類などはひとつのグラスで回し飲みされることがあり、断りなしに席を外して逃れることはマナー違反となる。

9

🖕 また、たれの材料はヌク・マム(魚醤油)をベースにニンニクや唐辛子、レモン、ショウガなど香り(癖)が強いもので構成されており、たれ自体も欧米のソースのように大量に使う必要がないのが特徴です。 南部ではいろいろな色に着色される。 ブン・ボー(Bun Bo) 地元ではフォーよりも好まれているのが、ブンという米粉の丸麺。

9

☢ 米粉をつかったチョンファンのような春巻きは癖になります。 人気の料理• 調理方法も、、など中華料理と共通する手法が多いが、魚は、やのように直火で場合があるのが中華料理とは異なる。 そのためか、ベトナム料理のレストランには、魚を発酵させた作られて魚醤Nuoc Mam ヌクマム や、唐辛子、醤油、レモンなどの調味料が席に多数置いてあり、自分の好みの味に整えることができるよう配慮されています。