時節柄 ご 自愛 ください。 「時節柄」の意味・使い方と例文

✊ 暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすくなる安堵感と、一抹の寂しさ、これから来る冬に対しての憂いを含んだ季節です。

13

👆 Take care. どうぞ、くれぐれもご自愛くださいますように、家族一同お祈り申し上げております。 蒸し暑さが増します折、どうかご自愛くださいませ。

9

🚒 体調を崩す恐れもありますので、どうかご自愛くださいませ」 「時節柄」と「季節柄」の使い分け そこで「時節柄」と書くことで、「この季節に合った」「時期が時期だけに」「この季節が持つ特徴的な厳しさがある」というニュアンスを含むため、暑さ寒さがある季節に送る際には共通の認識として相手に伝わりやすくなります。

✆意味は「健康に気を付けてください」 「ご自愛ください」は「自分を愛する」つまり、相手に対し「自分を大切にしてください」「自分の健康に十分気を付けて下さい」という意味になります。 秋も深まり心も静まる季節なりましたが、何卒ご自愛ください。

🤭 「ご自愛ください」は正しい尊敬語となります。 ストーブの恋しい季節となりましたが、皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと存じ上げます。

8

🐲 ですので「御社におかれましてはご健勝のこととお祈り申し上げます」といったような使い方は誤りになります。 「暑さもひと段落し、朝夕はしのぎやすくなってまいりました。