初盆 飾り 曹洞宗。 お仏壇のまつり方

☏ すでに、お釈迦さまがおまつりしてある場合には、その後ろにお掛けします。 初盆での曹洞宗の精霊棚の飾り方 では、初盆に曹洞宗ではどのような物を準備して、どのような飾り方をするのかから見ていきましょう。 ただし、お盆は大切な時期とされていることに変わりはありませんので、仏壇をきれいに掃除して線香やご飯をお供えするとよいでしょう。

6

😍 ですが 故人や先祖の霊に感謝の気持ちを伝えることや、故人や先祖の想いを供養する気持ちが大切です。 おがら 麻がら もついているため、伝統にのっとって迎え火・送り火のときに焚いてもよいでしょう。 それぞれの地域、家庭によってお供え物も異なりますが、慣習に従って心をこめてご接待しましょう。

🤔 いずれにしても、一番大切なことは気持ちです。 16日の夕方、もしくは日が落ちた時間に送り火を焚きます。

6

😜 そうめん• なお、宗派や地域によっては新仏の戒名や経文を書くこともありますので、事前に確認をしておくことをお勧めします。 カテゴリーから記事を探す• まず、新盆とは、故人が亡くなり、四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆のことを言います。 新盆の準備は、大変なことも多くあります。

9

😀 初盆の法要を営まなくても、お供えを持って来る人もいます。 精霊棚(盆棚)に位牌やご本尊をお祀りしているあいだは、仏壇の扉を閉めておくのも決まりです。 壺椀 煮豆などを盛りつける底の深い容れものです。

8

⚒ しかし、お盆の時期に何もしない訳ではありません。 皆様は、お寺で行われているでの、大きな精霊棚(しょうりょうだな)を見たことがあるでしょうか。 縁側の無い家庭も増えましたので、部屋の隅、または仏壇の脇などに作る方もいます。

15

🤝 何しろ初めてのお盆なのですから、迎える側にも清らかな心を持つということが大事だと考えます。 一般的に、傷みにくい日持ちするお花をお供えします。 調べた所、どうやら日蓮宗には決まりきった飾り方がないようで、地域にあった飾り方をするのがよいようです。

13

♻ これがあれば返礼品や食事が足りない(または余り過ぎる)ことが避けられます。 法要の規模により上下しますが、5000円~2万円ほどが相場となっています。 初盆を迎えるにあたっての準備などについてご紹介しましたが、初盆の決まり、しきたりは宗派やお寺また、地域によって違いがあり様々です。

11

⌛ また、ポイントとしてご自宅のスペースを考慮して準備されると良いでしょう。 供花に特に決まりはありませんので、故人が好きだったお花を持って行かれると良いでしょう。

2