本屋 大賞 2020 流浪 の 月。 【流浪の月】あらすじ・ネタバレ感想!【2020年本屋大賞】

🤣 0点 6位 『ユリゴコロ』 著/沼田まほかる(双葉社) 208. 早速読み始めたところ、主人公の二人の置かれた境遇と運命に心が締め付けられました。 甘くて切なく、脆くて愛おしい。 「2021年本屋大賞」実施要項発表!! 本日より「2021年本屋大賞」スタートです。

7

⌛ 著者:川上未映子(かわかみ・みえこ)さんについて 1976年大阪府生まれ。 異性とつながることのできない 自分を欠陥品だと思い続けていました。 黒一色のその線の、濃淡や緩急で描かれる世界を文章で表現する…水墨画を知らない人間にはあまりにも難しそうに感じられるその試みが、こんなにも美しく形になっている事に脱帽する。

1

🔥 5点 6位 『さざなみのよる』 木皿泉(著) 河出書房新社 239. 再開すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。

13

✋ そのため、一般的に聞き馴染みのない作家である凪良の著書が選ばれたということは、まさに快挙であった。 感想がとても難しいです。

11

⚡ 「 デジタルタトゥー」という刻印が二人を苦しめるのですが、その様子に心が痛くなります。

19

🙂 ただ一緒にいたいだけだ。

9

😀 主にボーイズラブ系で活動しており、代表作に『神様のビオトープ』『すみれ荘ファミリア』などがある。 タイトルへの着地も見事でした。

⚛ 一生自分が抱えて歩くバッグの中に、文のそれは入っている。 一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。

20

😛 — 和泉帆高 izuhoda 『ノースライト』感想。 0点 5位 『AX アックス』 伊坂幸太郎(著) KADOKAWA 221. 5点 4位 『きみはいい子』 中脇初枝(著) ポプラ社 212. もっとも嫌だったことは、伯母の息子の孝弘か 夜にいたずらをされていたことです。 大賞発表は4月上旬。

7