ある日お姫様になってしまった件について75話。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第91話の感想と妄想

⚠ お姫様のキスでルーカスはご機嫌になってしまいました。 クロードはそんなアタナシアを長々と見つめ、そのお茶が好きなのかと言うので、良い香りだから好き、飲むと口の中で花が咲くようだと答えるアタナシア。

13

🙏 親の思い通りにはならないのが子供とはよくいうものだと、アルフィアス公爵は息子の変化に茫然とするのだった。

14

♥ 「君が気になり周辺を探っていたところ、アルフィアス公爵が私の娘をクロードの娘と勘違いしていることがわかりました。 それでも姫様を呼んだということは、相変わらずきっと姫様のことが大切なのだろう。

😉 腕につけると願い事が叶うそうですよ』 思い出すのは、プレゼントを送ってくれたアタナシアでした。 姫様は一度魔法が壊れたということは・・・今も壊せるということなのかと尋ねます。 ジェニットに挨拶するアナスタシウスは金髪に宝石眼。

11

🐾 母が亡くなった時も、父が亡くなった時もルーカスには哀しみという気持ちがあまりわかなかったのですね。

20

👎 この状況で魔法を使って解決しようとしても、良い結果になるとは思えない」 本当に思慮深い人だとルーカスは感心します。 フィリックスが扉を開けると、紅茶を持ってきたと言うメイド。