セコム 安否 確認。 災害情報入手ならセコム災害情報サービス【セコム】

🖖 現場急行サービス ご要請に応じて、ご自宅でも外出先でもセコムが駆けつけます。 そのためには、フローの周知徹底だけでなく、安否確認システムを使って定期的に訓練をする等の取り組みが必要です。

18

💕 震ナビゲーション(日立ソリューションズ) NTTレゾナントが運営するは、地震発生前の緊急地震速報の通報から、安否確認、二次災害情報の配信、安否確認の集計までサービス提供することが可能です。 地震・火山・津波• サービス内で従業員同士が閲覧、書き込みをして情報共有を行える 掲示板機能や、特定の従業員やグループで話し合いが行える 個別チャット機能を備えた安否確認システムは、災害時の迅速な情報収拾だけでなく、事業継続のための議論も可能にすると言えます。

2

🤑 災害時のスムーズな指示伝達 災害直後に安全であることが確認できたとしても、企業として通常通りの事業を継続させるためには、次の指示伝達は不可欠です。 通話(電話)機能 あらかじめ登録した連絡先と通話がご利用できます。

15

✔ これらの特徴が大きな魅力にも繋がっているセコムの安否確認サービス。 自動送信機能の有無• 自動送信機能 複数の通知手段 対策指示機能 家族の安否確認 トライアル 地震以外にも対応 SMS 掲示板 個別チャット あり ー 26. 初期費用25,000円から、月額5,130円から。

19

⚑ SPIRAL安否確認サービス(パイプドビッツ) パイプドビッツが運用するは、東日本大震災時にも稼働し続けたという有用性が実証済みのサービスです。 画面はシンプルで軽快です。 安否確認サービス(レスキューナウ) レスキューナウが運用するは、メールを基本としたサービスで、安否確認メールや災害情報メールの機能が備わっています。

8

🤔 災害時には安否確認ののち、対策を議論する必要があり、それに応える形でこうした機能が付けられました。 しかし、企業は「事業継続」のためにも、「従業員の安全を守る」ためにも、従業員の安否を確認、把握し、適切な指示出しをする必要があります。 災害発生時の初動対策に必要な初動マニュアル作成支援、初動マニュアルの電子化、防災グッズの供給・管理等、企業の迅速な初動対応を支援• 自動送信機能はありませんが、メール連絡網だけではなく、SMSに対応しています。