ジャック ザ リッパー ヘラクレス。 ジャックザリッパーヘラクレス

😈 ヘラクレスは、ジャックを人間を救うため、第十二の御業を発動、決着をつけるための戦いに挑みます。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。

2

☘ 『終末のワルキューレ』6巻より 人類存亡会議 B. 詳しくは上記から公式をご確認ください。 対して、神の代表ヘラクレスは絶対善の正義。

10

⚠ ブリュンヒルデはヘラクレスにはすでに当てる人類を決めているとのこと。 2020年8月24日• 苦し紛れにナイフを投げるジャック・ザ・リッパー。

📲 この後ジャックが自らの神器についての種明かしをして、5巻は終わりとなります。

10

😂 実況「な…なんだこれは…そ…そんな…ありえねえ!!」 なんと先程のナイフが神であるはずのヘラクレスにしっかり刺さっている。 なんと逃走したのだ。 そういえば、前話の感想で『ジャックが神器の手袋でジャックに触れたが何かのフラグでは』と記述しましたね。

👇 まとめ 実はこの第6巻の最後、ジャックが時計塔の時計版をヘラクレスに投げつけ、彼の左腕を切断することに成功します。 しかしそれでもなおヘラクレスは瓦礫の下から立ち上がってきました。

6

✊ 片腕一本のヘラクレスは殴る際に隙が生まれる。 ジャックの不意打ち ヘラクレスの紋章は全身に広がり、このままでは時間がない。 紐を取り付けてあるアンカー付きの二丁拳銃を使用しており、アンカーを2丁の銃で放つことで立体的な行動を可能としている。

1

♥ それは「 圧倒的な破壊力を生む代わりに相手を倒すか己を食い尽くすまで終わらない」という命を燃やす技のようで、発動後、彼の姿はなんとも禍々しいものになっていました。

14

🤛 互いに互角だが、この激しい肉弾戦はヘラクレスの片腕が無い事で辛うじて均衡が保たれていた。