映画 チャイナ タウン。 チャイナタウン (映画)

❤ 彼らはなんで日本を買い占めようとしているのだろう? 答えは「水」だ。 1930年代のロサンゼルス。

7

💔 ギテス役には、「イージーライダー」でチャンスを掴んだジャック・ニコルソンが扮し、新境地を開きました。 既に別の作曲家フィリップ・ランブロによって作曲・録音済みだった音楽をつけての試写に際し、ポランスキー監督と親しかったハリウッド映画音楽業界のベテラン作曲家が立ち会ったが、ケイパーは映画を評価したものの音楽が良くないとの意見を示したという。

15

❤ このもう一人のヒロイン、ナタリーは一見、分かり易い「恋のライバル」的な女性みたいな気がしますが…ああ、ちょっと私には妙な既視感がつきまとってしまいました(若かりし頃の自分みたいで…苦笑)。

4

🐾 そして驚くべきことに、キャサリンの母はイブリンだった。 スタジオの中で、マイクに向かって見せるだけだった秀生さんの表情の演技。

😔 でも、単に憎からず思うだけである場合が多いので、本気になるほどではない、のです。 封入特典• ネットで読める講評は軒並み「絶賛」ですが、時代を経てさすがに遜色があるだろうと思ったら、えらい間違いです。

11

🚒 オーディオコメンタリー(監督・脚本・出演:ベン・アフレック)• 190分の長尺にも関わらず恋の行方に目が離せません。 ところがそこに突然バーマンが踏み込み、妻の愛人・ボディーンを射殺してしまう。

13

🐝 ミステリに関しては、前作との兼ね合いがあるので省きますが… 被害者の妻リリアンとの絡みは、ハードボイルド物ならではの「主人公の役得」感が否めませんが、前作で関わりのあったイブリン・モウレー(フェイ・ダナウェイ)の娘キャサリンが、実は今回のキーパーソンのバーマンの妻キティであったことを知った後の、ジェイクの演技が秀逸でした…! キティもリリアンも、夫との夫婦生活から遠離っていて、そのせいか主人公のジェイクに魅力を感じ彼に迫ってしまう、という筋なのですが、その辺は、徹底的にニコルソンが得をするようになってますね(笑)。 「好いた者同士にゃパリも狭い」「恋なんて簡単よ」といった名台詞を生み出したジャック・プレヴェールの脚本でも知られる名作。

19

😃 ただ、それこそがニコルソンたる所以であろう。 ジェイクはホリス・モーレイの身辺に若い女性の存在があるのを突き止め、一緒に居る現場の写真を撮る事に成功した。 1930年代当時のカリフォルニア州ではに絡む水利権や供給問題によりが深刻化しており、後にと呼ばれる社会問題が発生していた(を参照)。

9