精鋭 水雷 戦隊 夜襲。 水雷戦隊

⚡ コマ57-58 原本75-76頁 〔 大正六、一二、一|横須賀鎭守府|第十七驅逐隊|樺、桐| | 削除 樺、桐 七、二、五 四三 | 備考 大正七、二、五 内令四三 横鎭ノ欄第十七驅逐隊 樺、桐 ヲ削ル 呉鎭ノ欄第五驅逐隊 潮、外三隻 ヲ削リ第七驅逐隊ノ次ニ第十二驅逐隊 浦波、磯波、綾波 ヲ加フ 佐鎭ノ欄第十二驅逐隊 浦波外二隻 ヲ削リ第十五驅逐隊ノ次ニ第十七驅逐隊 樺、桐、櫻、橘 ヲ加フ 佐鎭ノ欄ノ次ニ舞鶴守府ノ欄ヲ設ケ第五驅逐隊 潮、外三隻 ヲ加フ 〕• 同年7月7日、潜水艦によりが沈没。 昭和20年4月7日、坊ノ岬沖海戦で損傷、により自沈処分。

✋ 軽巡洋艦:北上• 8m 出力:1200馬力 速力:18ノット 兵装:47ミリ砲2、発射管3 甲鉄砲塔艦「鎮遠」(「定遠」は姉妹艦) 排水量:7220トン、全長:76m、全幅:15. 駆逐艦(昭和16年4月8日 - 4月15日 )• 第十一水雷戦隊(連合艦隊付属。 すでに夜が明け初めてきた時、ちかくで第八号艇が座礁したので、これを助けて帰投。 :、、、• 2月7日:一時解散となる。

😅 林譲治 文 、吉原昌宏 画 『 コンバットAtoZシリーズ4 図解 海軍水雷戦隊』並木書房、1996年9月。

🤫 11月15日:少将が司令官就任。 67a-69第一水雷戦隊の解隊と第三十一戦隊の第五艦隊編入• 538-541二水戦司令官戦死、第二船団全滅• 詳細はを参照。 67a-69第一水雷戦隊の解隊と第三十一戦隊の第五艦隊編入• 軽母 旗艦 1駆1海防3他1 軽母 旗艦 1軽巡1海防2他2 軽母 旗艦 1練巡1海防2他2 軽母 旗艦 1護母1駆2他2 軽母 旗艦 1護母1海防2他2 の編成でも成功する。

11

😔 12月上旬より阿賀野型軽巡を旗艦としたが 、燃料不足のため満足な訓練もできなかった。 カッシンの水雷攻撃は成功したが、このスパー・トーピードによる攻撃法は、なにしろ小艇の先につけた長い棒の先に爆薬を装備するのだから、艇は敵艦の舷側へ接舷するような距離まで近づかなければならない。

10

😛 45 ボーキサイト船団護衛 S 海上護衛総隊によるボーキサイト輸送船団の護衛を実施する。 概要 [ ] 第二水雷戦隊は、日本海軍の。

15

😅 昭和17年8月25日、で空襲を受け中破。

🤲 第八駆逐隊 :朝潮、荒潮、大潮、満潮• 江戸少将(三水戦司令官)が第三十一戦隊司令官に補職されている。 以下、三水戦は 3Sd、四水戦は 4Sd、五水戦は 5Sd、六水戦は 6Sd、十一水戦は 11Sdと表記した。 :、、、 第18駆逐隊は部隊の警戒隊として参加した。