高速 リニューアル。 阪神高速1号環状線リニューアル工事、11月10日から20日まで終日通行止め(くるくら)

👣 さらに防水性を保つため、舗装を浸透した雨水はUFC上で排水される仕組みで、従来の防水工と同様にコンクリート内部への浸透を抑制する。

14

😍 具体的には、橋梁の「床版(しょうばん)」といわれる、路面を載せる土台となるコンクリートの取り替えなど、大規模な更新を数ヵ月かけて行います。 工事の詳細が発表されしだい情報を更新します。 阪神高速道路と鹿島建設は、「超高強度繊維補強コンクリート(UFC)道路橋床版」を共同開発し、阪神高速道路のリニューアル工事に初適用した。

😙 9月9日~12月20日には、上下線の大井松田IC(インターチェンジ)~清水JCT(ジャンクション)間で昼夜連続規制が実施される。 (2019年9月記事執筆現在) 集中工事はその名の通り、工事規制を集約し、高速道路を安全に利用するために必要な工事を、まとめて短期間で行うものです。 1965(昭和40)年に全通、1969(昭和44)年には東名高速道路も全線開通し、東京と関西が高速道路で直接結ばれ、物流の大変革が起こりました。

17

✍ 試行工事による一般道を含めた影響については、有識者が参画する「交通マネジメント検討委員会」などで検証し、リニューアル工事全体の施行や通行規制計画に反映していく方針としている。

15

😅 その大きな柱となる『高速道路リニューアルプロジェクト』に平成28年度から本格的に着手致します。

18

🐝 そうした中で、高速道路の健全性を永続的に確保し、高速道路ネットワークの機能を将来にわたり維持していくには、抜本的な対策が必要です。

9

🤟 中央道リニューアル工事|2018年10月9日~11月30日 中央道では、2018年10月9日・火曜日の朝6時から11月30日・金曜日の24時までの間、岡谷ジャンクションから伊北インターチェンジまでの区間、平日昼夜連続で高速リニューアルプロジェクトの一環として、車線規制が行なわれます。 当社は、交通規制に伴う社会的な影響をできる限り軽減するための工夫を継続的に行うと共に、高速道路をご利用のお客さまや沿道の皆さまに丁寧な情報発信を心掛けてまいります。

14

🤔 鹿島建設は、阪神高速道路とともに、高速道路橋を計画する際に、橋脚の位置や基礎の大きさに制約されず短納期を実現する新たなUFC床版を開発した。 工事期間中は渋滞が予想されることから、NEXCO中日本では、走行経路を選択できるよう、所要時間や渋滞が予測される時間帯の情報を提供していくとともに、ドライバーには迂回や出発時間の変更を呼びかける。 規制実施期間中は、小田原厚木道路(E85)、新東名高速道路(E1A)、中央自動車道(E20)、首都圏中央連絡自動車道(C4)などへの迂回が推奨されている。

19

🤜 また、高速道路走行の基本ですが、前車だけを見るのではなく、遠くを見渡しながら運転することで渋滞の末尾を早く発見し、スピードをゆるめて近づきましょう。 このことで道路の機能維持と性能強化が図られ、また、路面の打ち替えやラインの引き換えなども大規模に行われるので、利用者にとっては長期にわたり安全で快適に高速道路を利用できるメリットにつながります。

7