補助 金 適正 化 法。 【法制度解説】補助金等適正化法、森林法、造林補助金

🐾 森林法はその後も何度も改正され、各種の許認可権限が地方自治体に委譲されていきました。 2 前項の規定により申請書等の提出が電磁的方法によつて行われたときは、当該申請書等の提出を受けるべき者の使用に係る電子計算機に備えられたファイルへの記録がされた時に当該提出を受けるべき者に到達したものとみなす。 以下同じ。

19

💢 まずは、「補助金の申請と決定について」。

5

🌏 2 国は、政令で定めるところにより、補助金等の交付に関する事務の一部を都道府県が行うこととすることができる。 補助金適正化法第29条 偽りその他不正の手段により補助金等の交付を受け、又は間接補助金等の交付若しくは融通を受けた者は、五年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

16

✍ 前述のように、補助金には使用期限が決まっていることが多いのですが、「納品日を納期内に改竄した」なども不正受給となり、詐欺罪が適用されます。 かなり強く目的外の利用の禁止をしているのがわかります。 続いて、同第2項には「行政庁は、補助事業者に交付する補助金の金額を確定した場合、すでにその額をこえる補助金が交付されている時は、期限を定めて返還を命じなければならない」と書かれる一方で、第3項には、「行政庁は、第18条第1項の『補助金の交付の決定の取消し』が、第2項の規定による場合、やむを得ない事情がある時は、返還の期限を延長、あるいは返還の命令の全部や一部を取り消すことができる」とも書かれている。

17

☢ 補助金返還の義務は税金に次ぐ順位 注目したいのは、「補助金の返還」について規定されている第17条から第21条の部分である。 なぜなら、補助金提供側を騙して補助金を得る点でまさに詐欺行為といえるからです。

7

✇ (発生原因) このような事態が生じていたのは、次のようなことなどによると認められた。 こういった補助金の不正利用に抵触しないためには、補助金の交付を受けてから適切な管理を行っていくことが大切です。 つまり、同法違反があると、補助金の全部または一部が交付されないこともあるのです。

10

🤛 まず、本来の目的や用途を偽るなどして、不正な手段で補助金等の交付を受けたりした場合 補助金の不正受給 には、5年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金による処罰を受けるとされています 同法第29条。

12

💓 補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令の一部改正に伴う経過措置 第十六条 この政令の施行前に旧公社が交付した旧公社法第四十三条の二十五に規定する補助金等については、第二十一条の規定による改正前の補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律施行令 同令第十七条を除く。 また、利子補給金とは、国や地方公共団体に低い利率で給付する補助金のことである。 2 日本中央競馬会、国立研究開発法人情報通信研究機構、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、独立行政法人農畜産業振興機構、独立行政法人国際協力機構、独立行政法人国際交流基金、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人日本学術振興会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、独立行政法人日本芸術文化振興会、独立行政法人福祉医療機構、独立行政法人環境再生保全機構、独立行政法人日本学生支援機構、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所若しくは国立研究開発法人日本医療研究開発機構の理事長又は独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の機構長は、法第二十六条第一項の規定により事務の一部を従たる事務所の職員に委任しようとする場合には、当該補助金等の名称を明らかにして、委任しようとする事務の内容及び職員について、日本中央競馬会又は独立行政法人農畜産業振興機構にあつては農林水産大臣、国立研究開発法人日本医療研究開発機構にあつては内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣及び経済産業大臣、国立研究開発法人情報通信研究機構にあつては総務大臣、独立行政法人国際協力機構又は独立行政法人国際交流基金にあつては外務大臣、独立行政法人日本学術振興会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、独立行政法人日本芸術文化振興会、独立行政法人日本学生支援機構又は独立行政法人大学改革支援・学位授与機構にあつては文部科学大臣、独立行政法人福祉医療機構又は国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所にあつては厚生労働大臣、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構又は独立行政法人中小企業基盤整備機構にあつては経済産業大臣、独立行政法人環境再生保全機構にあつては環境大臣の承認を受けなければならない。