124 年 ぶり。 今年は124年ぶりに“2月2日節分”となるレアな年「天神屋の恵方巻」で鬼(邪)を払おう!ご予約開始です

😙 今年は南南東を向いて恵方巻を食べると良いそうです。 1年といえば365日というのが常識のようですが、地球が太陽の周りを回るのには、正確には「約365. 2020年2月3日(奇しくも2020年の節分の日当日ですね!)に発表された「令和3年(2021)暦要項」の中の「二十四節気および雑節」のページを見ると、2021年の立春は2月3日と記載されています。

17

👇 内容は、国立天文台で推算した翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望(月の満ち欠け)、東京の日出入、日食・月食など。 こうして、しばらく2月4日に納まっていた立春の日が今年、2月3日に移り、その前日の節分も連動して2月2日に移ったのだという。 厚焼玉子• 最後にもう一度。

10

🔥 立春、春分などの二十四節気 にじゅうしせっき や、七夕 たなばた 、重陽 ちょうよう などの五節句のように中国から伝わったものではありません。 厚焼玉子• 日差しが長くなってきたと感じる「光の春」にはなっていますが、「気温の春」は、もう少し先のようです。

15

👋 「季節のめぐりを表す、いわゆる1年とは1太陽年のことです。 それは日本の天文学の中核を担う研究機関である国立天文台です。 124年ぶりの2月2日の節分は、暦の変動に思いを馳せて、恵方巻を味わってみてはいかがでしょうか。

😩 最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。

18

💔 そして、立春の前日の2月2日が節分になりました。 「去年は2月3日だったはずなのに、今年は4日だよ。 日本では、ハロウィンイベントで広がっています。

🤛 担当者「当時も国立天文台の前身『東京天文台』で暦が作られていました。 2021年の節分の日は2月2日です。 2021年の「節分」の日付が、しばらく続いた2月3日ではなく、2月2日になる。