横浜 市 交通 局。 横浜市交通局(日野)|バス写真アーカイブ

☘ オープンバス(過去車両) の優勝時に、廃車予定の路線バス車両1台(磯子営業所所属・ベース)を、1か月半の期間と20万円の費用をかけてに改造されて優勝パレードに使用された。 -1957 2代目 桜木町駅 - 日ノ出町1丁目 - 戸塚駅 1957-1959 3代目 横浜駅 - 横浜新道経由 - 戸塚駅 1959-1962 4代目 長津田駅 - 上市ヶ尾 - 鉄町 1964-1966 5代目 青葉台駅 - 田奈駅 - 奈良北団地 1966-1993 6代目 新横浜駅 - 大倉山駅 - 鶴見駅西口 2010- 現在の系統番号制が開始されたのは(昭和24年)11月20日である。

13

♻ 4km 3号線:本牧-関内駅-桜木町駅-横浜駅-新横浜駅-勝田 19. 企業債 横浜市営地下鉄では、建設資金としたの残高が、(平成21年)度で4961億円となっており、(平成19年)度の5242億円をピークに減少してきている。 用途は、0が観光用などの貸切、1が特定車両、2が横浜交通開発所有の車両(かつては車掌台付車両に付番)、3以降がワンマンの通常路線バス車両となる。

🖕 (平成21年)にが開港150周年を迎えるのを記念して、(平成17年)12月から一部の車両 3331F の車体を港の情景を描いた絵画でラッピングして運行しており、乗客の目を引き付けていた。

5

🌭 10月11日 - 横浜市議会で、横浜市条例 昭和41年第65号「横浜市交通事業の設置等に関する条例」が成立。 2階建てバス(過去車両) 白色の車体。 2:三菱ふそう• 帯の配色は上部は青、下部は太い青に細い水色が重なる。

19

😎 (3000A形・3000N形・3000R形・3000S形・3000V形)• 2007年3月のららぽーと横浜開業以来、民間事業者への貸切委託によって無料シャトルバスが運行されていたものの、運行形態上鴨居駅南口バスロータリーに乗り入れができず、駅周辺を迂回のうえ北口にて発着していたため利便性に難があった。 運賃の取扱方式・利用可能乗車券は他の一般路線と同一である。 横浜市の主催により現在のみなとみらい21地区で開催されたの来場客輸送では民営バス各社と分担し、市営バスは横浜駅西口 - 会場のシャトルバスに加え、の試みとして設けられた新横浜・大黒ふ頭・新本牧駐車場の3箇所と会場間を結ぶ輸送を担当した。

17

✇ ワンマン運転の実施により、車掌133人分の人件費である約9億円の費用が減り、ホームドアの維持管理費として年間1億円の費用が増えるため、差し引きで約8億円の経費削減になるとした。

18