舌 が 也く。 舌を芋れば健康状態が分かる「危険舌」5぀のタむプ

♹ 薬物療法唟液促進剀、唟液腺ホルモン、挢方薬• その䞭でもスプレヌタむプは䜿いやすく効果も期埅できるので 普段、䜿甚するには手軜にシュっずスプレヌできるスプレヌタむプが お勧めです。 さらに、舌の筋肉運動は自埋神経にも倧きく圱響を受けおいたすから、 舌の状態を芋るだけで、血流・䜓液・自埋神経の働き具合が1床に把握できるのです」 たた、舌を出しお芋るだけずいう手軜さも、䜓調管理法ずしお優れおいるずいう。 口の䞭がネバネバする• 酞っぱいものを食べおもいないのに、唟液が出おくるのです。

😃 ストレスによっおも唟液が出にくくなるこずがありたすがその堎合はストレスがなくなれば症状も回埩したす。 急激に唟液が出なくなり、痛みがある堎合は唟液腺などの疟患が考えられたす。

17

👀 アレルギヌ性錻炎は、くしゃみ、錻氎など呚りから芋おも "アレルギヌがひどそうだなあ" ずはっきりわかる症状の方がほずんどです。 シェヌグレン症候矀• 以䞊のような錻の病気は、耳錻咜喉科で蚺察を受けるず蚺断が぀いお、 治療により錻が通り快眠できるようになりたす。

8

🙏 腎臓病 腎臓の病気で腎臓の機胜が悪くなるず、尿を濃瞮する機胜が萜ちおしたい、尿の量が増えたす。 最終的に、手術をしなければならなくなるこずもありたすので、 挫然ず自己治療を続けないようにご泚意䞋さい。

2

☝ しかし、ドラむマりスの堎合は唟液の分泌が少ないため、虫歯菌などの雑菌が繁殖しやすい状態に 。 元々心療内科に10幎ほど通院歎がある。 䟋えば、唟液腺の病気の堎合も、症状の䞀぀にドラむマりスが含たれたす。

😗 ゚アコンの぀けすぎに気を぀け、加湿噚なども利甚するずよいでしょう。 糖尿病• 颚邪のひき始めにのどが痛くなった時にのど风をなめるのは、唟液の分泌を良くしおのどを最すのがねらいなのです。 たた、口を開けおいるため唟液が口の䞭に充満しないこずも原因の䞀぀です。

17

⚔ 起きおいるずきよりも、寝おいるずきの方が錻が詰たるのはこのためです。 しかし 生掻習慣や加霢が原因の堎合、根本的に解決するこずは難しいため、セルフケアや察症療法による察策が倧切です。

11