ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト。 賛否両論!大荒れ必須!最強マラソンシューズを分解してみた!【ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%分解記事】

👌 テンポで、ジョグや、距離走、スピード練習でも一通り履いてみましたが、安定していて履きやすかったです。 「こちらはレースシューズと考えた方が良い」とのこと。 そして、このシューズにもアルファフライと同様にプレートが入っているが、素材はカーボンではなく合成素材。

3

❤️ シューズアドバイザー藤原です。 テンポ走だけでなく、インターバルや早いペースの練習でも活躍してくれそうです。

20

♻ ヒールカップがしっかりしているので、かかとが動かない。 少しアッパーのフライニットがキツく感じられ、足裏の筋肉にも負荷を感じた。

🤩 アッパーに半透明なFlyknitと合成素材を使用• NIKE ナイキ 世界のランニングシーンを席捲するナイキネクストシリーズ。

20

😅 スピードを生むことを最優先にしながらも、トレーニングに耐える耐久性を出すための素材選定になっている。

17

😚 テンポは、練習パートナーとして新たにラインナップに入るだけでなくて、トレーニングの軸になってくると思います。 テンポはとても気に入りました。

8

🤛 かかとから着地してしまうと柔らかいクッションによりエネルギーが横ブレしてしまうため、絶対的にフォアフットが求められるアルファフライと違う点です。

10

👀 パワー、レッグスティフネスが高バランス、数値のバランス感があり、まさに代謝コスト(筋活動量の無駄遣い)を下げて、ランニングエコノミーを高めているシューズです。

12

✌ は、 ストロベル 補強のための中板 がないシューズなので、先ほどのアッパー裏面とこのインソールがストロベルの役割、位置付けなのかもしれません。

5