アンドロイド から iphone。 「iPhone」より「Android」が優れていると感じる11の特徴

👇 SONY・SAMSUNG・iPhone12を含め、ほとんどの機種に対応する• 先ほど「ピクチャ」フォルダーに保存した写真も、この同期によって、まとめてiPhoneに転送できます。

☯ その場合、AndroidからiPhoneへデータを移行するには、次に紹介する方法3を利用してください。 標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは、5. ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• Googleフォトに自動バックアップしている場合は、iPhoneに「Googleフォト」アプリをインストールしてログインすれば、特に移行する必要もなく参照できるようになります。 旧型の端末+格安SIMという手もアリ! 最新機種は値段が高いが、 旧型の端末+格安SIMで毎月の使用料を下げる手もある。

3

👌 【参考】 3-2. 電話帳アプリのエクスポート機能を使った電話帳移行 続いて電話帳アプリのエクスポート機能を利用した電話帳移行方法を解説します。

5

🔥 AndroidからiPhoneに変わることで、今まで使えていたサービスが使えなくなってしまう可能性もあるので、乗り換えを検討しているなら事前にApple Payのサービス内容を確認しておいた方がよいだろう。

12

🤩 もしパスコードを作成しない場合は「パスコードオプション」を選択し、「パスコードを追加しない」を選択して「続ける」を選択します。

🤐 あなたの電話帳登録状態に合わせて、最適なデータ移行方法を使いましょうね! Googleアカウントを利用した電話帳移行 Googleアカウントを利用した電話帳移行は、ほぼ全てのAndroidスマホが対応している便利な移行手段です。 iPhoneのデータ容量を圧迫しない• 文章がわかりづらかった• iPhoneをクリックすると、コントロールパネルを取得します。

20

☕ Apple PayはモバイルSuicaが無料で使える iPhoneとAndroidはそれぞれ電子マネーが利用できると紹介した。

20

👣 「メール」の設定を行うときに、同時に連絡先やカレンダーも登録することができます。

6

🍀 5GとLTEは特定の国の特定の通信事業者で利用できます。 また、AndroidとiPhone間のデータ移行はデータ移行アプリが提供するクラウドを利用するものが多いので、Wi-Fi環境が必須です。

3