八幡 製鉄 所。 歴史・沿革

🤫 中は、の航空機用鋼増産や翌年の重要事業所認定など日本鉄鋼業界の中心であったため軍の爆撃目標となり執拗な爆撃を繰り返されたが製鉄所は高炉の火を守り通した()。

1

😍 5月に製鋼工場、6月に中形工場・小形工場(いずれも条鋼用を圧延する工場)・鋼板工場、11月に軌条工場が操業を開始。 これらの打開策として建設されたのが、くろがね線である。

😅 1901年東田高炉建設に際し、当時の日本は製鐵の知識も経験も無く、ドイツに設計から建設までを依頼し、操業当初は当時の総理大臣よりも高給で迎えたドイツ人技師や釜石鉱山田中製鉄所の技術支援により運営されていました。 関係者によると、両製鉄所の名称は「八幡地区」「大分地区」とする方向で調整中という。 東京製造所は(昭和43年)の八幡鋼管の吸収合併に伴い設置された。

8

👎 君津製鐵所に電力供給。 日鉄八幡製鐵所となる。 「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一が創立に協力し、初代の会長にも就いた老舗企業だ。

😩 日露戦争後の鉄鋼需要の急増に対して相次ぎ拡張計画を実施、第一次世界大戦による鉄鋼ブームのもとで1916年(大正5)に粗鋼年産100万トンを目標とする第三次拡張計画に着手した。

15

🐲 (昭和43年)に、富士製鐵との合併を発表。 4月 - ティンフリースチール販売開始。 この項目では、現在の日本製鉄が八幡製鐵という商号であった20年間について記述する。

8