ご 遠慮なく ご 連絡 ください。 メールでよく使うフレーズのテンプレートを一挙に紹介します!

😩 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。

1

😆 報告は「遠慮なく」すること 『ホウ・レン・ソウ』とは『報告・連絡・相談』の略で、ビジネス用語として使用されます。

🤣 「お申し付けください」は、「申しつける」を丁寧にした言葉です。 「忌憚なく」は目上の人でも使える表現である。 停滞している取り引きの突破口を開いてくれる第一歩となるのが、忌憚なく話し合える雰囲気と、それを引き出す丁寧な表現のトークなのではないでしょうか。

18

👌 旅程の進捗はいかがでしょうか。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 「お気軽に」という表現では、文字通り相手に対して軽い表現と取られてしまい、失礼だと感じられてしまう事があります。

☣ ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた. まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 まとめ 「ご遠慮なく」は、敬意を示すべき相手に対して何か申し出る時に使える便利な敬語表現です。

7

🙌 ビジネスメールにおいては対面時と比べるとこちら側の人柄が伝わりづらくなります。 引き続きよろしくお願いいたします。

1

🤑 ですから、「遠慮なく仰ってください」という言い回しは、基本的には目上の人など、敬意を払いたい相手に対して使う言い回しだと言えるでしょう。