バーチャル ボーイ。 “早すぎた”VR機「バーチャルボーイ」の思い出をレトロゲームマニアが語る(2/2 ページ)

💋 バーチャルボーイ 任天堂の故・岩田聡さん自身、「バーチャルボーイは、商業的にいえば、失敗したと思います」とように、ハード自体の普及はPlayStation(1994年)やセガサターン(1994年)などの高性能なライバル機には及ばなかった。 Oculusからは、オプションとして、顔の形に合わせて交換できる2種類の接顔部(広め、細め)と遮光ブロッカーの入った専用のフィットパックを5,200円で提供しています。

11

✆ インスマウスの館(アイマックス)• 「世間ではVRが話題ですが、技術が追いついて、ようやくバーチャルボーイが目指したかったものが実現できる時代になったのかな」と笑顔で締めくくった。 さらに「Population:One」のようなVRバトルロイヤルゲームの新しいタイトルは、テンポの速い「フォートナイト」的なシューティングゲームスタイルです。

3

💙 まだ56歳の若さでした。 Quest 2は、単純なバージョンアップデートではなく、現在のVR体験のターニングポイントとして捉えるべきだと思います。 - ()• バーチャルボーイの特徴として圧倒的な没入感がありますが、これはこのように個人差を吸収するキャリブレーションがしっかりできることによる立体視の実感しやすさが大きな助けになっているものと思います。

3

⚠ 残念なことに、通信ケーブルが販売中止になったため複数でのプレイは出来ず1人プレイのみとなります。

17

♨ (三原色があれば全ての色を作ることができます。 初代のQuestはもちろんPC向けのRift Sよりも高解像度で、リフレッシュレートも速くなりました。

20

🐾 井上理「任天堂 驚きを生む方程式」(日本経済新聞出版社)• (アトラス)• ゲームのプレイ中も、新しいアプリをダウンロードしている時も、メニューをナビゲートしている時も、この恩恵を感じられます。

4